SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは?
Home » SNSとは » SMSとSNSの違いを教えてください
SNSとは | 01月15日更新

SMSとSNSの違いを教えてください

・SMSとは?
SMSとは、ショートメッセージサービスの略です。
一般的には「ショートメール」とも呼ばれています。
携帯電話会社が提供している、テキストメッセージのことです。
文字数は携帯電話会社にもよりますが、全角で70文字・半角で160文字しか送ることができません。
また送信する際には、1通につき3円の通信料金がかかります。
SMSは、送る相手の携帯電話の番号が分かれば送ることができます。
ちょっとしたメッセージを送るのなら、SMSは便利です。

・SNSとは?
SNSは、「ソーシャルネットワーキングサービス」の略です。
ネットワークサービスを提供している会社が、提供しています。
有名所はアメリカの会社ですが、小規模ながら日本の会社もサービスを提供しています。
SNSの最大のメリットは、普段では絶対にコミュニケーションが取れない人と繋がることが出来る点でしょう。
今は一国のトップでも、SNSを利用して情報を発信しています。
ただし個人情報が筒抜けになる恐れもあるので、使用の際には十分に気をつけましょう。

・主に誰に宛ててメッセージを送るのか?
SMSとSNSの違いは、主に誰に宛ててメッセージを送っているかです。
SMSは相手の携帯電話の番号がわからなければ、送ることはできません。
送信できる文字数も限られており、「連絡」の意味合いが強いです。
一方SNSは、不特定多数の人に向けてメッセージを送っています。
DM(ダイレクトメール)を使えば、特定の人物のみメッセージを送ることは可能です。
でも基本的には世界中に情報を発信し、人との繋がりを作り上げるのが目的となっています。

・登録が必要かどうか?
登録が必要かどうかも、SMSとSNSの違いです。
SMSの方は特に登録の必要がなく、メール機能が使えるのなら今すぐ利用可能です。
一方SNSは、登録が必要です。
基本的には誰でも登録可能ですが、SNSによっては他の利用者からの招待がなければ登録できないものもあります。
また自由登録になっていても、年齢制限がかけられている所もあるので要注意です。
ただ年齢が18歳以上であるのなら、何処のSNSでも登録はできるかと思います。

・親しい相手に送るのかどうか?
SMSとSNSはMかNの違いだけで、一見すると何がどう違うのかわかりません。
文字に書き起こせば一応の違いは出てくるものの、口頭で表現すると更に難しく感じるでしょう。
もっと簡潔に述べるのなら、そこまで親しくない相手ならSNS・親しい相手ならSMSでメッセージをやり取りすると言った所です。
SMSとSNSを上手く使って、人脈を広げていきましょう。