キャバクラ嬢が個人で使用しているSNS掲示板とは?

SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)とは?
Home » SNSとは » キャバクラ嬢が個人で使用しているSNS掲示板とは?
SNSとは | 01月15日更新

キャバクラ嬢が個人で使用しているSNS掲示板とは?

・SNSは営業ツール
キャバ嬢は普段、営業ツールの1つとしてSNSを使っています。
SNSを使えば合法的に効率よく、顧客を掴むことができるからです。
かつては「キャッチ」と呼ばれる方法で、お客さんを集めていました。
店の外に出てチラシを配り、道行く人に声をかけていたのです。
しかしキャッチに対する世間の風当たりは強く、逮捕された事例も少なくありません。
自治体によっては、キャッチを厳しく取り締まっている所もあるほどです。

でもSNSならば、厳しく取り締まられることもありません。
炎上のリスクはあるものの、店の宣伝に関しては取り締まられることもないでしょう。
チラシを配る必要もなく、効率的にお客さんを呼び込むことができます。

・顧客ゲットのためにあるSNS
SNSを使えば、固定客を掴むことができるのも大きなメリットです。
一度フォローしてもらうと、フォローしてもらった相手に対して、店の情報を提供することができます。
お客さん側としては、贔屓にしているキャバ嬢と繋がりが持てたということにもなります。
SNSは店・お客さん共々、お互いに「Win-Win」の関係を築くことができる、最高のツールとも言えるでしょう。
SNSは、お客さんとキャバ嬢との会話の材料としても使うことができます。
例えば「○○に旅行に行ってきた」とSNSで投稿すると、旅行についての会話をキャバ嬢と一緒に楽しむことが可能です。

・キャバ嬢は女性であり人間
キャバ嬢にとってSNSは、集客・ビジネスのためのツールです。
フォロワーはお客さん以外の何者でもなく、あくまでもビジネスライクの付き合いでしかありません。
トップに君臨しているキャバ嬢になればなるほど、公私の棲み分けはきっちりとできています。
「お客さん」は所詮「お客さん」なのです。
しかしキャバ嬢とは言え、1人の女性にはかわりありません。
もっと大雑把に言えば、1人の血の通った人間です。
ビジネスではなく、完全なプライベートでSNSを使っているキャバ嬢もいます。
でも彼女達のプライベートSNSアカウントを見つけるのは、難しいのが現実です。

・自身を見つめ直す
キャバ嬢のプライベートSNSアカウントは、有名所ならば1つ2つは必ずあるものです。
しかし殆どは「愚痴垢」と呼ばれるもので、お客さんとしては耳をふさぎたくなるようなものばかりなのが現状です。
でもキャバ嬢と出会いたいのならば、愚痴垢にヒントが隠されています。
愚痴垢を参考にして自身の行動を振り返り、彼女達の接し方を見直してみましょう。
接し方を見直すことができれば、プライベートSNSアカウントを見つけることができるはずです。